次世代のスポーツ指導

【次世代のスポーツ指導】

本日は千葉県に5店舗を展開する体操クラブ、フジスポーツクラブの経営者である宮下裕至さんと対談させて頂きました。

宮下さんは『ホワイトな指導』に強い拘りをお持ちで、それは選手を威圧したり、恐怖を与えずに強いアスリートを育成するというものです。

今日伺ったお話を僕なりにまとめたいと思います。

なぜホワイトな教育環境が必要なのかというと、威圧による指導は子供の脳を萎縮させ、指示が無いと何もできない大人になってしまうからです。

根性をつけるという理由だけで辛いトレーニングを強いたり、大声で威圧しなければ生徒を本気に出来ないのは指導者の実力不足です。

そのトレーニングは何のためにするのか、定められた回数行うことに何の意味があるのかを、子供にも理解できるように伝える力が必要です。

そして選手自身の目標を達成するための道筋を立て、正しい根拠に基づいて指導するスキルを指導者たちは身につけていかなければなりません。

ジュニアアスリートの世界は自由がなくて当たり前、毎日怒られるのが当たり前、そんな世界を変える宮下さんのビジョンを、僕も全力で応援します。

スポーツ指導ホワイト学院↓↓
https://white-gakuin.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です