監督ではなくサポーターであれ

【監督ではなくサポーターであれ】

僕は体操クラブでは指導者という立場に徹しています。

それは「次にこれをします」「この練習はここを意識しましょう」と指示を出すことが仕事です。

言い換えれば『監督』です。

しかし家にいる時は違います。

親という立場になった僕は子供の監督ではありません。

ですから、「それはやめなさい」「これをしなさい」「そのやり方は間違っているよ」などとは極力言わないようにしています。

監督でないとしたら、親はどんな立場で子供と接すれば良いのか。

それは『サポーター』です。

主役はあくまでも子供自身なのです。

サポーターという立場であれば、子供を操作するようなことは言わないはずです。

例えば「やりたいようにやってみなさい」「あなたはどうしたいの?」「信じているよ」そんな言葉が出てくるのではないでしょうか。

そして失敗してしまった時や、痛い思いをした時、心が満たされない時は、たっぷりと愛情を注いであげれば良いのです。

親は子供の監督ではなく、サポーターであれ。

これが僕の父親としての決意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です