怒ると叱るは同義である

【怒ると叱るは同義である】

一般的に「怒る」とは感情的に怒ること、「叱る」とは冷静に怒ることだとされています。

なので怒ることは悪であり、叱ることは正義だという人もいるでしょう。

しかし僕は怒るも叱るも同じ行為であると考えています。

例えば、自分の子供が他人の頭を木の枝で叩いたとします。

それを見た親がこう言います。

①「こら!なんてひどいことをするの!謝りなさい!」(感情的に怒っている)

②「こら!そんなことをしたらダメでしょ!謝って!」(計算して怒っている)

①と②の違いは目に見えない親側の気持ちの差です。

子供からすれば両者の違いなどありません。ただ自分は「怒られた」のです。

例えるのであれば、実弾の入った銃を向けられたか、空砲を向けられたかの差です。

銃口を向けられた事実は変わりません。

冷静でいることは大切です。

時には叱ることも必要かもしれません。

しかし子供の立場で考えたとき、

目の前の親の怒りが感情的なのか、計算によるものかなど分からないのです。

よって子供への影響も全く同じなのだということを忘れてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です